健康になるための条件には何がある?

長生きしている夫婦

健康になるための条件は?と聞かれて、皆さんは答えられるでしょうか。
一般の医師に聞くと、例えば「規則正しい生活」と答えるでしょうが、これでは答えになっていません。

 

具体性がないからです。

 

そこで「規則正しい食事、適度な運動、十分な睡眠と適度な休息」などという答えがでてきますが、これとて、漠然としています。

 

体の体の生理については「血行がいいこと」「胃腸の調子がいいこと」などが思いつきます。
健康であるための生理的条件について、甲田博士は次のような見解を示しています。

 

「西式健康法では、健康になるための四大条件として、
(1)体内の酸とアルカリの平衡を保つ
(2)血液循環は等速
(3)左右の神経は対称
(4)脊柱を正しく整える
があります。この4つに、私があとから『環境の浄化』を加えました」

 

人間の体の理想は中性

人間の体は中性の状態が健康体です。

 

食物の酸性、アルカリ性については、現代医学や現代栄養学では一般に、体はちょうどよい状態に自動的にコントロールしようとする働きがあるから、酸性、アルカリ性にこだわるのは意味がないと考えます。

 

それに対して甲田博士はつぎのようにいいます。

 

胃は酸性、腸はアルカリ性ですが、たとえば、アルカリ性食品を多く摂ると胃は過剰にアルカリ性に傾き、細菌に対する防御力が低下します。
酸性体質の人は糖尿病、高血圧、脳卒中、心臓病、腎臓病になりやすいし、アルカリ体質の人は気管支ぜんそく、胃潰瘍やガンになりやすい傾向があります。それらの病気を予防するために、酸性、アルカリ性のバランスをとることが必要です。また、温冷浴や背腹運動を行うと良いと西式健康法では教えています」

 

アルカリ性の食事

 

血液循環については、等速で流れることで、循環がスムーズに行われます。
局所の血行がとどこおることによって、太い血管も障害を受けることになります。

 

血液循環がスムーズに行われないと、冷え性や頭痛などの症状から、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの命に関わる病気を引き起こすことになります。

 

血液循環を等速に保つには毛管運動が最適であると、西式健康法では教えています。

 

神経は体の諸機能が正常に働くための中枢です。
左右の神経を対称に保つには合掌合蹠運動が適していると西式健康法では教えています。

 

神経を正常に保つには脊柱を正しく整えることが必要で、それには平床・硬枕および背腹運動が役立ちます。

 

西式健康法には六大法則といわれる療法がありますが、それらを実行すれば先の四大条件維持できると考えています。

 

また、環境の浄化とは、腸内を綺麗にすることで、そのための鍵は少食と断食です。

 


更新履歴