寿命が長くなる遺伝子

長寿に関する遺伝子

遺伝子の研究が進んでいますが、その重要なテーマのひとつが、寿命の延長です。

 

遺伝子の解明が進み、それを活用すれば150歳や200歳の長生きも夢ではないというわけです。

 

ハエの長寿遺伝子が発見されたなどと、大々的に報じられたりします。

 

しかし、確実に寿命が延長できる方法として、現代科学で現在までに唯一認められているものとなると、食事を減らすことしかありません。

 

昔から、長寿の人は長生きの秘訣のひとつとして、必ずといってよいほど「腹八分目の食事を心がける」ことを挙げています。
人間においては、腹八分目の食事や少食を実行して実際に寿命が伸びたという疫学的データはありませんが、動物実験では、食事を制限すると寿命が伸びるという確固たるデータがいくつもあります。

 

コーネル大学にマッケイらのグループは、いまから六十数年前、ラットを超低カロリーのエサで飼育することによって、寿命を3年から4年へと、33%も伸ばすことに成功しました。

 

また、マウスでの実験では週単位のカロリー摂取量を40キロカロリーから120キロカロリーへと段階的にふやしていくと、それにともなって平均寿命、最大寿命ともに著しく低下していくことが確認されています。

 

現在ではさらに人に近い動物として、平均寿命が約40年のアカゲザルをつかった長期間飼育実験がアメリカの研究所などで行われ、低カロリー食にすると寿命が伸びることが確認されています。

 

少食にすると寿命が伸びることは、我が国でも、九州大学心療内科の久保千春教授が行なった動物実験によっても確認されています。

 

なぜカロリーを制限すると寿命が伸びるのでしょうか。
その理由の一つとして、食事量を減らすことで、体内での活性酸素が作られる量がすくなくなり、活性酸素の被害を最小限にできるからとも考えられています。

 

つい最近、米国立加齢研究所のグループの研究によって、低カロリー食で寿命が伸びたサルには、体温が低い、血中インスリン濃度が低い、DHESAと呼ばれる血中ステロイドの低下が遅い、という3つの特徴があると、新聞で紹介されました。

 

ニキビに悩んでいる方には、薬用デニーロがオススメですよ。
薬用デニーロの口コミならコチラへ